MacBook Pro 15インチからMacBook 12インチに乗り換えたよ!

今まで15インチ MacBook Pro 2016を使っておりましたが、色々迷った挙句12インチ MacBook 2017へ買い替えました!

買い替えた結果、総合的には凄く満足しています!

15インチ MacBook Pro 2016を購入した理由

15インチのMacBook Proを購入する前、13インチのMacBook Proを使用していたのですが、スペックが不足してきたことと、古くなって色々ガタが出てきた為、思い切ってリプレースすることにしました。

その当時、デスクトップPCも併用していたのですが、引っ越しなどのバタバタもあり、いっそデスクトップPCを処分してMacBook Pro 1台に全てを集約してしまえば色々と楽になるのかな、といった思いもあり、思い切ってハイスペックなMacBook Proを購入しました。

  • 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • 512GB SSD
  • 16GBメモリ
  • Radeon Pro 560
  • USキーボード
  • TouchBar

思い切っててんこ盛りの構成にしたおかげで、確か30万円以上した記憶があります。

届いた当初は処理能力も使いやすさも最高で、気に入って使っていました。

持ち運ぶ機会が増える

MacBook Proを購入した後、主に自宅で使用していたのですが、この頃から外出する機会が非常に増えてきました。

自宅でMBPを使うのは月の半分くらいで、それ以外は国内各地のホテルや、海外で使用することがほとんどになってきました。

肩こりと腰痛が悪化する

そしてこの頃から肩こりと腰痛に悩まされるようになります。

MBPは主にリュックに入れ、持ち運んでいたのですが、2kg弱を常に入れていると、それだけで結構な負担なんですよね。

さらにこれに加え、飲み物やその他細々したものもリュックに入っているわけで、そうなると3kgや4kgくらいの荷物に簡単になってしまいます。

これを背負って色々な所に出かけていたのですが、体がバキバキになりしょっちゅうマッサージに行ったり、とにかく移動が疲れるので億劫になってきたり、どんどんストレスが溜まってきてカバンをぶん投げたくなってきました。

無性にRyzenでPCを自作したくなる

この頃BitZenyやYentenなどのマイニングにハマってきたのですが、Ryzenで組んだPCがとにかくコスパが優れることが分かり、無性にRyzenでPCを組みたくなってきました。

また、やはりMBPの1画面での仕事は効率が悪く、2画面や3画面へと増やしたかったことも事実です。

そして、我慢しきれずにRyzenでPCを組んでしまいました・・・。

MBPとの別れを決意する

RyzenのPCを自作するとどうなるか、当然MBPの使用頻度は極端に減り、外出時のみ使用するような状況になります。

こうなると当然ですが、重たい作業は全てRyzenのPCでやってしまうので、MBPのスペックは持て余すようになってきます。

そして、私も自宅に引きこもりがちになり、あまり外に出なくなってきました。

こうなってくると、MBPのメリットがなくなってしまう為、買い替えの検討をはじめました。

MacBook 12インチ or MacBook Pro 13インチ

買い替えを検討し始めると、当然候補はこの2つになりますよね。

Windows PCという選択肢もあるのですが、ノートPCの場合はMacの方が圧倒的に操作性に優れるため、どうしてもMacを購入したくなってしまいます。

トラックパッドの完成度の高さはピカイチですからね。

そして色々な要素を検討していたのですが、しまねこが外出先で行う作業の99%は、ブラウザさえあればできるような作業であることが分かりました。

具体的には、メールの返信やブログの記事作成、仮想通貨の取引、マイニングリグの監視やリモートでの操作くらいです。

このような用途なら、重量が軽いMacBook 12インチでも十分だなと思い始めました。

本当はTouchBarというかTouchIDは欲しかったのですが、そこはあきらめました。

MacBook 12インチを購入してみて

MacBook 12インチは下記のようなスペックで購入しました。

  • 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.0GHz)
  • 8GBメモリ
  • 256GB SSD
  • Intel HD Graphics 615
  • USキーボード

ぶっちゃけ安い方の構成でキーボードをUSに変えただけで、金額的にもMBPの半額以下のモデルです。

満足している点

キーボードの打ち心地がほとんど変わらない

これびっくりしました。MacBookはこんなに薄いのに、MBPとキーボードの打ち心地はほぼ同じです。

初代MacBookではキーボードは賛否両論がありましたが、キーボードが第二世代に改善され、別物といっていいほど良くなっています。

軽い

シンプルですがこれ最強です。

今までMBPを入れていたリュックにMacBookを入れると、PCを持ってくるのを忘れたのじゃないかと勘違いするくらいです。

手提げタイプの袋とかに放り込んで気軽に持っていける重さなので、ほんと気楽に使えます。

荷物が重いとそれだけで移動が億劫になりますし、無駄に体力を消耗するのでどんどん動くのがしんどくなって良くないです。

ラフに扱える

MacBookにシェルカバーを装着してしまえば、外側に傷がつかなくなるので結構ラフに扱えます。

MBPでもシェルカバーはあるのですが、重たいのでなかなかラフに扱いにくいという問題があるのですが、MacBookだと片手で軽く持てるので便利です。

ちなみにこのシェルカバーはLENTION製です。

約1500円と安くて結構しっかりしてていいですよ!

まあまあ速い

最初は遅いかなと思ってたのですが、思ったより快適です。

というより、ライトユースの場合はこれで十分じゃないのってくらいの実感です。

外出先で軽い仕事をする程度であれば、全然問題ないスペックだと思います。

いまいちな点

重い作業をするのは厳しい

動画編集やRAW現像などガチな作業をするのはぶっちゃけ厳しいです。

あまりにも遅くくてぶん殴りたくなりますし、そもそも熱を持ちすぎて不安になります。

ですが、これらの重い作業は、デスクトップマシンを1台用意して、そちらで作業することにより解決です!

Touch IDがない

MacBook Proで一番気に入っていたのがTouch IDでした。

ロック状態から解除するとき、指を触れるだけで解除できるのは凄く便利です。

これがないのは仕方がないですが、もしモデルチェンジで搭載されたら、それだけで買い替えたいくらい魅力的な機能です。

まとめ

MacBook ProからMacBookに乗り換えて、、ぶっちゃけメチャクチャ満足しています!

とにかく荷物が軽くなって、疲労が減って、体調が良くなって、機動力が上がって行動範囲が広がったのは素晴らしいです。

色々な場所に行って、色々経験しないと分からないことはたくさんあります。

そのような事ができる行動力を、荷物を軽くするだけで結構ゲットできることに気が付きました。

もちろん重たい作業は厳しくなりましたが、それは自宅にいる時にRyzenのマシンでやっちゃえばすぐ終わりますし、なんでも1つにまとめずに、用途に応じて使い分けるということは凄く大切なことだと思います。

みなさん、MacBookおすすめですよ!!