VPS徹底比較!「さくらのVPS」紹介&レビュー

2010年9月にサービスを開始した、ホスティングでは国内最大のシェアを持ち、老舗であるさくらインターネットの提供する「さくらのVPS」の紹介である。

さくらのVPSについて

メリット

  • 月額635円よりリーズナブルに利用可能
  • 老舗ゆえの高い安定性と信頼性
  • 453Gbpsの国内最大級の大容量バックボーンによる高速回線
  • 非常に緩い転送量制限
  • SSDプランとHDDプランを用途に応じて選択可能
  • 比較的高速なCPU、及びSSDプランは高速なストレージ
  • 多くのカスタムOSに対応
  • 独自のISOイメージからのインストールに対応
  • Windows Serverも利用可能
  • 東京リージョンと石狩(北海道)リージョンを選択可能
  • ネームサーバが利用可能
  • 複数台のローカル接続が利用可能
  • 2週間無料でお試し可能(しかも契約する度に何度でも)

デメリット

  • 初期費用が必要(稀に初期費用無料キャンペーンが行われる)
  • 料金の支払が月額、あるいは年間一括のみ
  • 解約が20日締めの翌月末解約となる為、短期間の利用には不向き
  • 最低利用期間が3ヶ月
  • プランの変更が不可

基本的に高い品質のサービスが提供されている為、料金の支払方法に問題がなければ国内VPSでは最もおすすめだと言えるだろう。

コントロールパネル

ログイン直後の画面

サーバ一覧_-_さくらのVPSコントロールパネル

シンプルなコントロールパネルで、複数のVPSを契約した場合でもこのように分かりやすく一覧表示される。
契約しているVPSに名前を付け、分かりやすく表示する事も可能であるし、IPアドレスやリージョン、スペックなども一括で管理できる為、非常に便利である。
また、Windows Serverを契約した場合には「for Windows Server」という分かりやすいラベルが付く為、非常に分かりやすい。

サーバ詳細画面

名称未設定_-_さくらのVPSコントロールパネル

サーバ詳細画面では、起動や停止、再起動、コンソールの他、OSのインストールやネットワーク設定情報の確認、そしてリソースの利用状況の確認を行う事ができる。
他にはサーバ情報の編集や、ローカルネットワークへの接続、また逆引き設定などもこの画面から行う事ができる。

srv01_bitsend_jp_-_さくらのVPSコントロールパネル

リソースの利用状況については、このようなグラフで非常に分かりやすく表示される。

コンソール

QEMU__ik1-310-15242_vs_sakura_ne_jp_

コンソールは、上記のHTML5ベースの物の他にJava Applet版も利用できる。
また、他の会社ではあまり見かけられない特徴として、コンソール以外にシリアルコンソールも利用できる。

まとめ

私自身、現在数十台のさくらのVPSを契約しているが、サービスの品質や安定性の高さには非常に満足している。
最近ではSLA(サービス品質保証)を行っている会社も多くなってきたが、さくらのVPSではそのようなサービスは行われていない。
しかしながら、実際の安定度は非常に満足できるものであり、SLAがあるからといって不安定なサービスも存在する事からして、そのような基準はあまりアテにならないと感じている。
特に転送量の多いサービスを運用する場合、他の業者では突然帯域制限をかけられたり、また突然サービスを停止させられたりという事があったが、さくらのVPSに限って言えばそのような事は一切無く、非常に安心して利用できている。

もし私が日本国内のVPSで最もおすすな業者を挙げるとしたら、真っ先に「さくらのVPS」を挙げる事だろう。
それだけこのサービスの品質が高く、また品質面、速度面、運営会社の安定度においても信頼できるものだと感じているからである。
そして、容量がそれほど多く必要ない場合は、圧倒的に高速なSSDプランをおすすめする。

申込みはこちら

さくらのVPS