Safariのスペルチェック機能を無効化する方法

Safariでアルファベットを入力している時、勝手にスペルが修正されたり、赤点線の下線が表示されたりしてウザいと感じた経験はないだろうか。

Safariには標準でスペルチェック機能が搭載されている。
その為、スペルチェック機能を無効にする事により、この問題を解決できるだろう。

スペルチェック機能を無効にする方法

スクリーンショット_2015-11-29_20_19_57

入力可能なテキストボックスを選択し、メニューバーの「編集」→「スペルと文法」を確認する。

  • 入力中にスペルチェック
  • スペルと一緒に文法をチェック
  • スペルを自動的に修正

この3点、あるいはいずれかにチェックが入っていたら、全てのチェックを外そう。
これでいちいち過干渉してくるスペルチェック機能とおさらばだ。