複数のWordPressサイトを一括管理できる「InfiniteWP」がスゴイ!

WordPressで複数のサイトを運営する場合、WordPressのマルチサイト機能を使う事が一般的ですが、この方法だと同一ドメイン上でサブドメインで運用するか、サブディレクトリで運用する事になる。
しかしながら、複数のドメインでWordPressサイトを運用しており、しかも複数のサーバに分散している事も良くある事だろう。
そこで今回紹介するのが、ドメインやサーバの垣根を超えて、複数のWordPressサイトを一括管理できるツールとプラグイン、「InfiniteWP」である。

InfiniteWPとは?

InfiniteWP

InfiniteWPとは、サーバインストール型のWordPressサイト管理プログラムと、各WordPressサイトにインストールするプラグインで構成されるマルチWordPressサイトマネージメントシステムである。
PHPとMySQLが使える自分で契約したサーバにインストールし、各WordPressサイトに専用のプラグインをインストールし、リンクさせる事で動作する。
基本機能は無料で利用でき、有料のアドオンを追加するとさらに便利に利用できるが、プログラムのバージョン管理やログイン、投稿、バックアップの一元化などは無料で利用できる為、無料版でも十分実用に耐えるツールである。

主な機能

  • ワンクリックで全てのサイトのWordPress本体、プラグイン、テーマを最新版に更新
  • 新たな更新が見つかれば自動的にメールで通知
  • ID/パスワードの入力を省略し、管理画面へのログインを一元化
  • InfiniteWP上から簡単に記事を投稿
  • バックアップと復元の一元化
  • 有償プラグインでの機能追加
  • 自分のサーバにインストールする為、高いセキュリティを確保できる
  • 永遠に無料で利用できる

管理したいWordPressにはInfiniteWP Clientをインストールし、インストール後表示されるコードをInfiniteWP Admin Panelに入力する事により、簡単に新規サイトを追加することができる。

インストール方法

インストールする為には、PHPとMySQL、Cronに対応したサーバが必要である。
ブロガーで利用者が多いと思われるXSERVERでは問題なく動作した。

https://infinitewp.com/docs/how-to-install-the-infinitewp-admin-panel/

インストール方法は上記URLに記載されているが、簡単にここでも解説する。

InfiniteWPのダウンロード

https://infinitewp.com/installing-options/

まずは上記URLからInfiniteWPをダウンロードしよう。

サーバへ転送

ダウンロードが完了したら、ZIPファイルを展開し、FTPなどを利用してサーバの設置したいディレクトリに転送しよう。
インストールにはMySQLのデータベースも必要な為、同時にサーバの管理パネルやphpMyAdminなどからInfiniteWP Admin Panel用のデータベースを作成しておこう。

InfiniteWP Admin Panelの初期設定

サーバへの転送が完了したら、早速ブラウザからInfiniteWP Admin Panelにアクセスしてみよう。
http://サーバのドメイン/InfiniteWP Admin Panelをインストールしたディレクトリ/
でアクセス可能なはずだ。

InfiniteWP-setup-wizard-13

正常にアクセスできたら、まずはライセンスに同意しよう。
ライセンスに同意したら、インストールに問題がないか自動でチェックが始まるはずだ。
もし何か指摘を受けたら、素直に修正してリロードしてみよう。

InfiniteWP-setup-wizard-21

問題がなければデータベースやユーザの設定画面に進めるはずだ。
無事設定画面に進めたら、設定項目に入力していこう。

InfiniteWP-setup-wizard-3

  • DB HOST:MySQLサーバのホスト名を入力する。通常は「localhost」で問題ない事が多いが、XSERVERの場合は違うので管理画面より確認して適切な値を入力する事。
  • DB PORT:MySQLサーバのポートを入力する。通常は「3306」で問題ない。もし意図的に変更している場合は適切な値を入力する。
  • DB NAME:データベース名を入力する。
  • DB USERNAME:データベースのユーザ名を入力する。
  • DB PASSWORD:データベースのパスワードを入力する。
  • DB TABLE NAME PREFIX:プレフィックスを入力する。特に必要がなければデフォルトで問題ない。
  • EMAIL:受信できるメールアドレスを入力する。今後アップデート通知などはこのメールアドレスへ連絡される。また、InfiniteWP Admin Panelにログインする際に使用する。
  • PASSWORD:InfiniteWP Admin Panelにログインする際に使用するパスワードを設定する。
  • PASSWORD AGAIN:再度同じパスワードを入力する。
  • Enable HTTPS:HTTPSを利用する場合はチェックを付ける。一般的には利用しない事が多い。

全ての項目を入力したら「Install」ボタンをクリックしよう。
これでインストールは完了だ。

最後にCronの設定をしよう。
XSERVERの場合は管理パネル上より設定できる。

Xserver_サーバーパネル

参考までに私の環境での設定例である。

サイトの追加

プラグインのインストール

サイトを追加する為には、まずはWordPressサイトにプラグインをインストールしよう。
WordPressの管理画面より、InfiniteWP Clientをインストールすると、下記のような表示が表示される。

Free_remote_management_for_wordpress_websites

「Copy details」をクリックし、キーをコピーしよう。

その後、先ほどインストールしたInfiniteWP Admin Panelにログインし、左下の「Add Website」をクリックしよう。

InfiniteWP-add-new-site

このような画面が表示されたら、先ほどコピーしたキーをACTIVATION KEYのテキストボックスにペーストしよう。
WP-ADMIN URLとADMIN USERNAMEの欄も自動で入力されるはずだ。

「Add Site」をクリックすれば、サイトの追加は完了だ。
さらにサイトを追加する場合は、このサイトの追加の手順を複数回繰り返すだけだ。

InfiniteWP Admin Panelの使い方

InfiniteWP

InfiniteWP Admin Panelにログインすると、自動で各サイトの情報を取得が行われる。
もし何も反応がない場合は、右上の「Reload Data」をクリックしてみよう。
そしていくつかのアップデートが発見された場合は、「Update All」ボタンをクリックするだけで全てのサイトのアップデートが完了だ。

この他にもInfiniteWPには便利な機能が数多くある。
有料プラグインを利用すればさらに拡張できる為、ヘビーユーザも便利に使えそうだ。

私も数十個のWordPressブログを管理しており、InfiniteWPを毎日非常に便利に利用している。
多くのWordPressを管理している方にとって、非常におすすめだ。

InfiniteWPの公式サイトは以下である。

https://infinitewp.com/