【最新版】ドコモ更新月の確認方法は?解約時に違約金を払わない方法

格安SIMへの乗り換え(MNP)や、別キャリアへの乗り換え(MNP)、そもそも携帯が不要になったので解約した場合など、ドコモを解約する時に注意しなければいけないのが違約金。

ドコモをご利用されている方のほとんどは、2年間の継続利用を前提とすることにより割引が受けられるプランに加入しているかと思いますが、このようなプランは解約のタイミングを間違えると結構高額な違約金が発生してしまいます。

今回、私が格安SIMに乗り換えるにあたって、違約金についての詳細と、違約金が発生しない方法を調べてみましたので、ご紹介させていただきます。

2年間の継続利用を前提とする割引とは?

普段はあまり意識しないことですが、ドコモではどのようなプランでも、大抵の場合は2年間の契約を前提とするプランに加入されている方がほとんどだと思います。

なぜなら、例えばカケホーダイプランの場合、2年契約有りの場合は月額2,700円ですが、2年契約無しの場合は月額4,200円となってしまい、かなり割高になってしまいます。

しかも、ドコモショップや量販店で契約する際、何も言わなければ基本的に2年契約有りのプランを進められるので、特に意識せず契約された方も基本的に2年契約有りのプランで契約されているかと思います。

これらの2年契約有りのプランを解約する場合、解約月以外で解約すると、違約金が9,500円(一部プランではそれ以上)発生してしまいますので、注意が必要です。

更新月とは?

更新月とは、ドコモの場合は2年契約終了後の翌月と翌々月の2ヶ月間が更新月となり、この期間に解約することにより、違約金を発生させずに解約することができます。

ただし注意しなければいけないのが、更新月をしっかりと把握しておかないと、気づいた時には更新月を過ぎていたという事が結構起こるのです。

そこで、今回更新月の確認方法をご紹介します。

手順に沿って進めていけば結構簡単ですよ!

iPhone・スマートフォンで更新月を確認する方法

iPhoneやスマートフォンで更新月を確認する場合、まずはWi-Fiをオフにして下さい。

これにより、My docomoでのログインが簡単になります。

まず初めに、My docomoにアクセスして下さい。

My docomoにアクセスしたら、まずは少し下にある、ログインして表示をタップします。

するとネットワーク暗証番号を入力する画面が表示されますので、ネットワーク暗証番号を入力し、暗証番号確認をタップします。

もしネットワーク暗証番号を忘れてしまった場合は、151に電話するかドコモショップに向かいましょう。

ログインに成功したら、右上の契約内容・手続きをタップしましょう。

少し下にスクロールし、ご契約内容の確認・変更をタップします。

少しスクロールして2ページ目に移動し、ご契約プランの項目を確認します。

この場合、契約満了月は2019年11月と表示されていますね。

例えば契約満了月が2019年11月の場合、違約金の発生しない更新月は契約満了月の翌月、翌々月となりますので、2019年12月、及び2020年1月となります。

PCで更新月を確認する方法

それでは次に、PCから更新月を確認する方法をご紹介いたします。

まず、PCでMy docomoにアクセスして下さい。

開いたら、右上の方にあるログインをクリックしましょう。

ログインをクリックしたら、ログイン画面が表示されますので、dアカウントのIDパスワードを入力し、ログインをクリックします。

※PCから確認するには、dアカウントが必要ですので、まだお持ちでない方は下のdアカウントを発行するから発行するか、スマートフォンから確認して下さいね。

ログインしたら、上部の契約内容・手続きをクリックしましょう。

右側に表示されている、ご契約内容の確認・変更をクリックします。

契約内容が表示されますので、2ページ目に進みご契約プランの部分をご確認下さい。

この場合、契約満了月は2019年11月と表示されていますね。

例えば契約満了月が2019年11月の場合、違約金の発生しない更新月は契約満了月の翌月、翌々月となりますので、2019年12月、及び2020年1月となります。

電話で更新月を確認する方法

自分でスマートフォンやPCを操作して更新月を確認するのが難しい場合、あるいはネットワーク暗証番号を忘れてしまった場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をすることで確認することができます。

  • ドコモのスマートフォン・携帯電話から:151
  • その他電話:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時~午後8時

電話の場合はネットワーク暗証番号を忘れていても確認することができますので、困ったら電話してみることをおすすめします。

なお、電話する時は、契約満了月ではなく、必ず更新月を聞くようにしてくださいね。

間違って契約満了月を告げられてしまい、契約満了月に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

うっかりしていると更新月を過ぎてしまい、違約金を支払うことになってしまう場合もありますので、なるべく早めに確認して、手帳などにメモしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です