マイニングリグの電源は余裕が必要

電源なんてギリギリでもなんとかなるじゃんって思っていた時期が私にもありました・・・。

先日GTX1070を6台載せたマイニングリグを制作したのですが、GTX1070のTDPが150Wなので、150W x 6台=900Wあれば大丈夫だと思って、電源をケチって1200Wを1台で作成したんですね。

その結果、起動はするものの、マイニングを開始すると動作が不安定になったり、突然再起動するようになってしまいました。

そこで、1200Wの電源に追加して750Wの電源を設置し、合計1950Wにしてみた所、嘘のように安定して動作するようになりました。

マイニングリグの制作では、想定される電力の倍の電源を用意するのが鉄則と言われるようですが、先人たちの掟を無視しても何もいいことはありませんね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です