サンフランシスコで相乗りサービスのUberPoolを使ってみたよ!

サンフランシスコでUberを使用しようとすると、普通のUber以外にUberPoolというサービスが使えることに気がついたので、実際に使ってみました!

あまり日本語の情報がなかったので心配でしたが、使ってみると凄く便利で、サンフランシスコに滞在している間は1日何回も使ってしまいました。

似たようなサービスのLyft Lineについての記事も書きましたので、是非ご覧下さい。UberとLyftを両方使いこなせばより快適にアメリカで移動できますよ!

UberPoolとは?

UberPoolは、相乗りできるUberです。

相乗りできるとは言っても、自分で相手を探す必要はなく、自分が行きたい方向に向かう車を自動でマッチングしてくれ、しかも途中で別の人をピックアップしたり降ろしたりしながら向かってくれるという、日本ではちょっと馴染みのないサービスです。

車に乗り込むと、すでに先客がいたり、あるいは一人で乗り込んだのに途中で人が乗ってきたりと、なかなか新鮮な感じです。

最大のメリットは、普通のUberの半額程度で使えるという安さ

シェアするからこそできる低価格なんです。

使い方

UberPoolが使えるエリアでUberアプリを起動すると、自動的にUberPoolの選択肢が出てきますので、そこで選択してピックアップしてもらうだけ。

いつものUberと使い心地は全く変わりません。

車が到着するといつものように乗り込みますが、先客がいる場合は軽く挨拶でもして空いてる席に座りましょう。

あとはいつも通り乗っていると、目的地に到着したら降ろしてくれます。

UberPoolのメリット

では、このようなサービスのUberPoolですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

安い

まずはこれに尽きます。

普通のUberの半額以下で乗れることもあるので、とにかく安くて気軽に利用できます。

気軽に利用できるため、予算を抑えてより多くの観光を楽しむこともできますね。

同乗者との会話が面白い

初対面で思いがけず話が盛り上がることがあって面白いです。

特に日本からの旅行客だとわかると、UberPoolは珍しいのか結構盛り上がることも多いです。

ドライバーもサンフランシスコの場合はアメリカ人だけでなく、韓国人やパキスタン人、中国人など様々な人に当たりましたが、色々な国の話も聞けて刺激的です。

もちろん英語が苦手なら黙って乗っていても問題ありません。

UberPoolのデメリット

多少所要時間が増える

途中で同乗者をピックアップしたり降ろしたりするため、多少余計な時間がかかります。

しかしながら、基本的にルート上で乗り降りするため、経験上大幅に遅くなったことはないので、それほどストレスに感じることはないと思います。

車のグレードが下がる

UberXよりはUberPoolの方が、比較的車のグレードが低いような気がしました。

しかし長距離乗らないのであればそこまで関係ありません。

まとめ

UberPool、めちゃくちゃおすすめです。

安いし楽だしメリットしか思いつかないくらいで、もし使えるエリアでUberに乗ることがあれば絶対使うだろうなと思います。

まだまだ日本語の情報は少ないですが、凄く便利なサービスで衝撃を受けると思うので、是非一度使ってみてください!