国内おすすめVPS紹介&比較

国内には数多くのVPSがありますが、実際に使ってみないと使い心地など分からない事が多いのも事実。
そこで、筆者が実際に使用し、おすすめできると感じたVPSを紹介します。

スペックと安定性を両立したいあなたへ

さくらのVPS

おそらく国内で最もメジャーでないかと思われるのがさくらのVPSです。
最も低価格な512MBプランで635円/月からと大変リーズナブルで、HDDとSSDが選択可能な事、ローカル接続が可能な事が大きな特徴です。

老舗としての信頼、サービスの安定性は非常に高く、筆者も現在10台程度契約していますが、この価格からは信じられないほどの高い品質です。
CPU速度、メモリ容量等を考えても特別優れているわけではありませんが、安定性の高さは非常に高く、どのようなサイトでも安心して運用する事ができます。

また、筆者が実際に使用していて感じる事は、回線速度が非常に高速な事と、転送量に関して非常に寛容である事。
スペック上は100Mbpsを記載されていますが、物理サーバーは1Gbpsで接続され、各VMに帯域制限をかけて運用している為、常時100Mbps近い速度が得られます。

OSはCentOS、Ubuntu、Debian等メジャーなものはひと通り準備されており、仮想化はKVMを採用しています。

さくらのVPS

クラウドのような使い勝手を安く使いたいあなたへ

ConoHa

おそらく国内で最もクラウドに近いと思われるVPSがConoHaです。

1時間単位で利用でき、ローカル接続やスナップショット、DNS、ロードバランサー、オブジェクトストレージなど、一般的に利用される機能が全て準備されており、非常に便利です。
最安プランは900円/月からでCPU2コア、メモリ1GB、SSD50GBと非常にハイスペックです。

サーバーの速度の非常に高速で、ネットワーク速度も速く非常に快適に利用する事ができます。
また、WordPressを簡単に利用できるパッケージも用意されており、すぐに使いはじめる事ができます。

対応OSはCentOS、Ubuntu、Debianを始めとする多くのOSに対応しており、不足を感じる事はないと思います。
最近開始されたサービスの為、最新のハードウェアが採用されている点も大きなポイントです。

難点は少々不安定さを感じる事がある事。
サービス開始から時間が経っていないので仕方がないのかもしれませんが、何度かサーバーダウンを経験しました。
SLAで99.99%を保証されているとはいえ、実態が伴っているのかは少し疑問に感じる所です。

最低利用期間が無い為、必要な時にすぐ使えるのは大きなメリットです。
GMO系列ですが、チャットサポートがあるので疑問点はすぐ回答していただけるのも便利です。
これから新しいサービスを立ち上げる方におすすめします。

ConoHa

とにかく安さを追求したいあなたへ

ServersMan@VPS

とにかく安さを追求したいあなたにおすすめなのがServersMan@VPSです。

月額467円〜という圧倒的な低価格で、サーバーを利用できます。
最安プランでもメモリ1GB、HDD50GBと必要十分な性能ですが、はっきり言って色んな意味で遅いです。

しかしながら、遅いなりにサーバーは安定しており、筆者が使用している限りではアクセス不能になった経験はほとんどありません。

仮想化にはOpenVZを採用しておりますが、スワップにも対応している為、以前のような不安定さは改善されました。
OSはCentOS、Ubuntu、Debianに対応しています。

ServersMan@VPS

Vultr

英語が問題なければ、海外の業者ですが、日本にもリージョンがあるVultrもおすすめです。

最安プランが$5(1ドル124円換算で620円程度)となり、ServersMan@VPSよりは少し価格が上がりますが、それでもリーズナブルです。
メモリ768MB、SSD15GBとなり、スペック面ではServersMan@VPSより劣るように見えるかもしれませんが、速度はVultrの方が圧倒的に高速です。

仮想化にはKVMを採用しており、1時間単位から使用でき、スケールアップやスケールダウンも可能になっているなど、非常にクラウド寄りの使い勝手になっています。
また、日本リージョン以外にも世界各国にリージョンがある為、海外向けサイトを運営する場合も便利です。

注意点としては、日本リージョンの768MBプランの場合、転送量制限が200GB/月となります。
転送量制限は厳しいですが、ネットワーク速度は10Gbpsとなり、非常に高速です。
速度は欲しいけど、転送量はそこまで必要ないという用途に最適でしょう。

Vultr

比較表

さくら 512MB さくら 1GB ConoHa 1GB ServersMan Vultr 768MB
初期費用 1,000円 1,500円 × × ×
月額費用 635円 900円 900円 467円 $5(約620円)
時間課金 × × ×
試用期間 × × ×
CPU 1コア 2コア 2コア 非公開 1コア
メモリ 512MB 1GB 1GB 1GB 768MB
ストレージ SSD 20GB SSD 30GB or HDD 100GB SSD 50GB HDD 50GB SSD 15GB
回線速度 100Mbps 100Mbps 100Mbps 非公開 10Gbps
転送量 無制限 無制限 無制限 無制限 200GB
IP 1個 1個 1個 1個 1個
仮想化方式 KVM KVM KVM OpenVZ KVM
プラン変更 × × ×
データセンター 国内 国内 国内or海外 国内 国内or海外
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

まとめ

Webサービスを運用する為、ここで紹介したVPS以外も多数のVPSを使用してきました。
しかしながら、満足のできる品質でサービスを提供されている業者はそこまで多くないのが現状です。

例えば転送量無制限を謳っている某社では、ちょっと転送した途端に帯域制限をかけられてしまう事もありました。
また、突然サーバーを停止させられてしまう事もありました。

速度に関しても、業者によりばらつきが多く、実際に使用してみないと分からない事が多くあります。

今回紹介したサービスは、今まで筆者が実際に使用し、全て満足できたサービスであり、自信を持っておすすめできるサービスです。
皆様のVPS選択の参考になれば幸いです。