マイニングリグ200V化のススメ

みなさん、マイニングリグは増殖していますか?

毎日Amazonに張り付いてグラボをポチポチし続け、ようやくマイニングリグが15台になったしまねこです。

今回、エアコン用に引いてあった200Vコンセントを使い、実験的にマイニングリグを200Vで動作させてみました。

マイニングリグの謎の不安定

台数の増加に伴い、マイニングリグが時々フリーズしたり、一部のグラフィックボードが認識しなくなったり、突然再起動したり、電源が落ちたりと、動作が妙に不安定になってきました。

最初はリグ本体を疑って色々対策を行っていたのですが一向に改善されず、ふと思い立ってテスターをコンセントに突っ込んでみた所、そこに表示された数字は88V

一般的な電源ユニットは、100V~240V対応のものが多いですが、それにしても88Vは低すぎます。
※玄人志向の一部の電源ユニットなどは、100V専用のものもあるのでご注意下さい。

また、海外メーカーの電源ユニット(ほぼ全て海外メーカー製ですが)は、100V対応と書きつつも、実際の所は115V~240Vで設計しつつ、とりあえず100Vでも動くのでそのまま日本に出荷してるなんてこともあるようです。

115Vの電源に対して88V。設計値より25%近く低い電圧で動作させているわけで、これでは不安定になって当然です。

そこで、200V化を試してみることにしました。

200V化のメリット

200V化はマイニングにおいて、多くのメリットがあります。

電源容量の増加

一般的に、100Vのコンセントだと使える電力が1500Wが上限です。

その為、事実上1コンセントにマイニングリグは1台しか接続することができません。

200V化することにより、大雑把な計算ですが、約倍の容量を使えることになりますので、1コンセントに2台のマイニングリグを接続することができるようになります。

消費電力の改善

一般的に電源ユニットは、100V給電よりも200V給電のほうが変換効率が良くなる傾向にあるようです。

その為、200Vに変更することにより、電気代が多少安くなること、そして発熱が減るため空調コストが下がることが想定されます。

安定性の改善

先ほど一般的な電源ユニットは、100V~240Vの電圧に対応しているとご説明しましたが、例えば何らかの要因により、200Vが多少の電圧低下を起こしても、おそらく100Vまで下がることはなく、電源の対応電圧範囲内に十分収まるでしょう。

仮に115V~240Vで設計されている電源だったとしても、115Vまで下がることは考えがたいです。

しかしながら、100Vの場合は電圧低下が発生した場合、簡単に100Vを下回ってしまい、結果として電源の動作が不安定になってしまいます。

電源ケーブルを考える

200Vで動作させるとなると、まず最初に電源ケーブルを200V対応のものに交換する必要があります。

200V対応の電源ケーブルは、ミスミの通販などで購入できるようです。

しかし、1本1,843円と結構いいお値段がします。

【危険】禁断の自作延長ケーブル

注意:この自作延長ケーブルは、メーカーの想定外の条件で動作させるため非常に危険です。真似をされることは危険ですので推奨しません。火災の危険もあります。必ず自己責任で情報をご利用ください。

200V対応の電源ケーブルが高すぎる為、ちょっと悩んだ結果、ある案が浮かびました。

200Vのコンセントから延長ケーブルを引っ張り、そして反対側に100V用のタップを取り付けちゃえばいいのでは?と。

個人的に時々フィリピンに行くのですが、フィリピンでは日本と同じ形状のコンセントですが、電圧は200Vです。
その為、200V対応のタップが手に入ればこの案は実現できるのではないかと考えました。

しかしここは日本です。どれだけ探しても200V対応のタップなんて売っていません。

そこで、100V用のタップに200Vを流すという無茶をやってみることにしました。

パナソニック(Panasonic) ホーム接地20Aコーナーキャップ WF5324
  • パナソニック(Panasonic)
  • 価格   ¥ 428 ¥ 583 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ホームセンターでプラグとテーブルタップ(125V用)を適当に選び、そして15AのVVFケーブルも購入しました。

VVFケーブルは通常300Vまで対応しているので、大抵のものなら問題ないと思いますが念のために確認を。

これらの部品を用いて自作の200V用の100V型コネクターのテーブルタップを作成し、何があっても大丈夫なように消火器片手に通電してみました。

が、何事も問題なく煙も発熱もなく一安心。

その後、このケーブルに2台のマイングリグを接続して動作させてみましたが、異常発熱や発火などもなく、普通に動作して一安心しました。

安定性はどうなった?

結果として、マイニングリグを200Vで動作させてから、非常に安定して動作しております。

今まで毎日どれかが止まって再起動をかけていたのですが、そのようなことも一切なくなり安心して夜を眠れるようになりました。

自作延長ケーブルはおすすめしませんが、200V化については非常におすすめですので、マイニングリグの増加で電源工事を予定している方は、是非200V化もご検討下さい。

なお、玄人志向などの一部電源は100V専用仕様となっており、200Vに接続すると故障する可能性もありますので、接続前に必ず電源の対応電圧をご確認ください。