NEM(ネム/XEM)をハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)に安全に保管する方法

コインチェックのNEM流出事件で、NEM(ネム/XEM)の管理方法を再検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハードウェアウォレットのTREZOR単体ではNEMを保管することはできませんが、NEM公式ウォレットのNano WalletとTREZORを連動させることにより、セキュリティの高い環境でNEMを保管する方法をご紹介します。

Nano Walletと連携させちゃって大丈夫なの?って思うかもしれませんが、秘密鍵自体はTREZOR上に保管され、Nano Walletには残らないので安全性は全く問題ありません。

コインチェックで大規模流出事件があったにも関わらず、どこかの取引所に置きっぱなしにしているあなた、セキュリティ意識がヤバイですよ!!仮想通貨は資産を守るのも自分自身、自己責任です。

Nano Walletのインストール

まず初めに、Nano Walletをご自身のPCにインストールします。

NEM公式サイトのダウンロードのページに進み、Desktop Clientの中のUniversal Client (with TREZOR Support)をインストールしましょう。

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたzipファイルを展開、start.htmlをクリックしましょう。この時のブラウザは、Chromeが推奨されています。

まず初めに、言語を日本語に変更しましょう。右上のLanguageから変更することができます。

言語を変更したら、TREZORを使用する場合は、ログインをクリックしましょう。

するとログイン画面が表示されますので、Login with TREZORをクリックしてTREZORでログインします。

ネットワークはMainnetを選択し、次へをクリックします。

すると別ウィンドウでTREZORのExport画面が表示されますので、Exportをクリックします。

TREZORのPINを聞かれたら、TREZOR本体を見ながらPINを入力します。

TREZOR本体を確認するよう指示が出たら、TREZOR本体を確認し、問題なければTREZORでContinueを選択します。

すると、Nano Walletへのログインが完了します。

以上で、TREZORを使用したNano Walletのインストールが完了しました。

Nano WalletにNEMを保管する

それでは、早速Nano WalletにNEMを保管してみましょう。

まず初めに、受取のアドレスを確認するために、右上のアカウント:Primaryの部分をクリックします。

アドレス欄に表示されている、Nから始まるアドレスがNEMのアドレスです。

このアドレスにNEMを送信することにより、NEMをNano Walletに保管することができます。

コインチェックやZaifなどの取引所で入手したNEMは、そのままにせず、ハードウェアウォレットを使用して安全に管理することを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です