2018年はビットコインが1000万円まで上がる?今ビットコインを買う理由

みなさんビットコイン買ってますかー?

2017年末はビットコインが200万円以上に高騰するなど、何かとお騒がせな年でした。

かと思えば2018年、年始からの暴落に始まり、2月に入って70万円を切るなど、ピーク時の1/3くらいまで暴落が続いています。

現在(2018年2月13日)でも、90万円強くらいの相場を維持していますが、2017年度のピーク時の半分以下といった状況です。

この状況で、ビットコインを買うべきなのか考えてみました。

2018年、ビットコインの新規参入者が急増する

2017年にビットコインの新規参入者が爆増し、ビットコインの相場が大きく上がりました。

特に12月に入ってからの高騰っぷりは凄まじく、12月だけで資産を倍以上に増やした人も多いと思います。

しかし、2017年のビットコイン保持者の割合は、日本においても1割もいないと思います。

ビットコインの知名度自体は大幅に上昇しましたが、実際にビットコインを購入したのがごく一部の層だということです。

2018年度は世界中から大勢の投資家が仮想通貨に注目し、これまで以上に大量の投資マネーが流入することとなると思われます。

悪材料が大量に出尽くした

2018年1月~2月上旬までで、大量の悪材料が出尽くしました。

具体的には、コインチェックのNEM流出事件や、テザー問題、インドや韓国事情などです。

これらの悪材料により、相場が暴落することになっており、直近では2月上旬の70万円弱の時が底値だと考えることができると思います。

最終的にどこまで上がるのか?

おそらく当面の間は、相場がある程度の範囲内で上下しつつ、春までには爆上げが始まると見ています。

その後も一時的な下落などもありますが、2018年末に向けて最低でも300万円、上手くいけば1000万円以上まで上昇するとしまねこは見ています。

トレードの練習の絶好のチャンス!

長期的目線で見れば、ビットコインはおそらく上昇するだろうという仮設を立てることができます。

これは、今からトレードの練習をはじめるには最高の条件です。

なぜなら、上手く底値で拾えず、間違えて高値で掴んでしまっても、損切りすらせずに放置しておけばいずれ上がるからです。

要するに、相場の下落で慌てて売却するような真似さえしなければ、負ける要素が少なそうだということです。

これから仮想通貨投資を始める方は、bitFlyerなどで口座を作ってまずは少しずつスタートしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です