在宅勤務パパの仕事と子育て両立の1日のタイムスケジュール

どうも、しまねこです!

遂に赤ちゃんが生まれてパパになりました。

私は赤ちゃんが生まれる前から在宅で仕事をしておりますが、生まれた後どのように生活が変化したかお伝えしたいと思います。

妻が産褥期で調子が悪いということもあり、私一人でほとんどの家事と育児をやっている状態ですが、これを経験すれば一般的な主婦すげえ!ってなりますよ。マジで。

ほんと、死ぬほどきついです。

旦那が会社に行っている、一般的なサラリーマンの奥さんだとほぼ似たり寄ったりだと思うので、参考にしていただければと思います。

1日のスケジュール

赤ちゃんが生まれてからのスケジュールは現在こんな感じです。

  • 01:00 ミルク、おむつ交換
  • 01:45 寝る
  • 04:00 ミルク、おむつ交換
  • 04:45 寝る
  • 07:00 ミルク、おむつ交換
  • 07:45 朝食作り
  • 08:00 妻を起こす
  • 08:15 おむつ交換
  • 08:30 朝食
  • 09:00 朝食の片付け、洗濯
  • 09:30 仕事
  • 10:00 ミルク、おむつ交換
  • 10:45 買い物等に出発
  • 11:30 帰宅、おむつ交換
  • 11:45 昼食作り
  • 12:30 昼食
  • 13:00 ミルク、おむつ交換
  • 13:45 昼食の片付け
  • 14:00 泣き出したので抱っこ
  • 14:30 おむつ交換
  • 14:45 仕事
  • 15:00 沐浴
  • 16:00 ミルク、おむつ交換
  • 16:45 泣き出したので抱っこ
  • 17:00 仕事
  • 17:30 夕食準備
  • 18:30 夕食
  • 19:00 ミルク、おむつ交換
  • 19:30 夕食の片付け、お風呂の準備
  • 20:15 お風呂
  • 20:30 おむつ交換
  • 20:45 仕事
  • 22:00 ミルク、おむつ交換
  • 22:45 泣き出したので抱っこ
  • 23:30 おむつ交換
  • 23:45 寝る

見てもらえば分かると思いますが、子育てと家事を両方やると、本気で忙しいです。

しかも赤ちゃんはこちらの都合など理解してくれず、自分の気ままに泣き出すので、この通りのスケジュールで全く動けません。

こんなのやってる世の中の主婦の方は神ですよ!ってマジで思いました。

こんなスケジュールで仕事とか可能なのか?

はい、不可能です。不可能に決まっています。育児をなめちゃいけません。

このスケジュールだと、仕事に費やすことのできた時間は2.5時間です。

2.5時間、それも細切れの2.5時間で、仕事をしながらも意識は周囲に集中しているわけですから、作業効率は最悪です。

特に私は集中し始めるまでに時間がかかり、しかも集中力が途切れるとなかなか回復しないという面倒なタイプです。

赤ちゃんを見ながら在宅ワークがどれだけ不可能に近いかおわかりいただけたでしょうか?

さらに、このスケジュールでは睡眠時間の合計は5.75時間です。

私は8時間は寝ないとしんどいというめんどくさいタイプで、そもそもの睡眠時間が不足している上に、細切れの睡眠は疲れが全く抜けず余計しんどいことになってしまいます。

仕事用の物件を契約したい

結局在宅ワークという名のプロ引きこもりになってしまうと、家で仕事をしていても容赦なく様々な妨害を受けるんですよね。

赤ちゃんが生まれる前は妻からの攻撃さえ回避できればいいわけで、寝静まった深夜にまとめて仕事をするという選択肢がありました。

しかし、赤ちゃんが生まれてしまえば深夜も関係なくなり、その貴重な時間の確保さえ困難になってきました。

仕事をせずに遊んで暮らせたらベストなのですが、なかなかそうもいかないのが現実ですので、仕事時間を確保するためにどうしても別の物件を借りて職場を作ってしまうという選択肢が出てきてしまいます。

やっぱり赤ちゃんは可愛い

仕事用の物件を検討しても、やっぱり赤ちゃんは可愛いんですよね。

いくら仕事にならなくても、どうしてもこの可愛さには勝てない。

結局こういう所で、物件を借りるか悩んでしまって決断できません。。